会員様の声

会員様の声
競技力向上

身体の硬さが様々なロスを生んでいた
内藤 準さん(テニス)

内藤 準さん

僕が初動負荷トレーニング®をやってみようと思ったのは、自分の課題である身体の硬さの改善には、初動負荷トレーニング®が良いのではないかとコーチから言われたのが、きっかけです。身体の硬さによって、スイングや球際での動きが縮こまってしまうというのが僕の課題でした。自分では力を出しているのに、それがボールに伝わらない。それに身体が硬いことで、一つ一つの動作がスムーズではなくなり、疲労が蓄積しやすくなってしまい体力が失われてしまう。
初動負荷トレーニング®に出会う前は、ダンベルを挙げたり、バーベルを担いでスクワットをしたりと色々なトレーニングをしてきました。でも、そういうトレーニングでは重さを挙げるための力は高まるのですが、スイングの鋭さは高まらず、身体の動きもコントロールし難くなってしまいました。それから、常に疲れが残っているなということを感じていました。

強化とコンディショニングを同時に行える 初動負荷トレーニング®を始めて、最初に感じたのは、力を出そうとしなくてもスイングスピードが高まり、強いボールを打てるようになったということです。トレーニングをすることで身体が軽くなる感じがして、身体全体で生んだ力がラケットに伝わり、それをボールに伝える事が出来るようになっている。力んで動かずに済むから、球際での身体のコントロールやバランス感覚も高まり、自分が感じたままに動けるようになってきました。初動負荷トレーニング®を始める以前には、自分のイメージを表現できないという状態でしたが、今は自分の思い通りに身体が動くようになってきているので、イメージを表現できるようになったということを強く感じます。今では以前やっていたトレーニングは一切、やっていません。
確実に自分の動きが高まっているということを感じるのと同時に、疲労の蓄積をほとんど感じなくなりました。疲れている時にこそ、初動負荷トレーニング®をやると、身体が軽くなり、翌日に疲れを残さずに済む。よりパワーを発揮できるようになり、それでいて身体の疲れも取ってくれる。だから、ワールドウィングさいたまに来ることで、僕は強化とコンディショニングを同時に行えています。

内藤 準さん
内藤 準さん

BeMoLoのテニスシューズを待望 トレーニングに加えて、BeMoLoシューズ®も僕にとっては物凄く大切です。BeMoLoシューズ®を履かずに過ごした時には身体の疲労、重さを感じます。シューズだけでこんなに違うのかと思いますが、確かに足の上に全身が乗っかっているわけですから、足元のバランスが崩れてしまえば、身体への負担は計り知れない。すごくシンプルな事だけど、そういう発想で作られているテニスシューズは今は無いと感じていますし、実際にBeMoLoシューズ®のように履く事で楽になるというテニスシューズには出会えていません。というわけでBeMoLoシューズ®のテニスシューズ誕生を待望しています(笑)。

トレーニングをやり込むことで、自分の新しい可能性が見えてくる 初動負荷トレーニング®は、やり込んでいく事で自分の身体のどこが動き難いのかを知る事ができます。そしてそこを動き易くすることができる。課題を見つけられて、それをクリアできるトレーニングだと感じます。だから、今までにはできなかった動きや感覚をテニスでも表現できるようになり、新しい目標を持ち続けることが出来るし、新しい可能性が見えてくるのではないかと感じています。とにかく、やればやるほど、良くなれる。そう感じられることを持てたことは競技面の向上だけでなく、精神面においてもとても重要だなと感じています。